スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

中指の意味 

nakayubi
2014年にnostaramaでサンフランシスコに行き、Randyという人に会った。
とても優しい人だ。英語の不得手な俺たちに、ゆっくり分かりやすく言葉を選んでくれるひと。

彼の家に滞在中、俺が日本で「流しのラッパ吹き」をしていることを話した。
流しという概念が海外にあるかどうか分からんが、要するにストリートミュージシャンで、PlayingしながらWandering aroundしてTipsもらってさ、、、とよく分からない英語を使って伝えた。
そのなかで、
「喜んでくれる人もいるけど、中には『うるさい!!』って怒鳴る人もいるんだよね。。」と俺が話すと、彼は静かに、しかし力強く、中指を立てた。

そう、中指。

"Fuck them"

最大級の侮蔑語にして、自分の身も危険にさらしかねない、過激な表現。

そして、
「ユーの音をうるさいと思う人もいるかもしれないが、それ以上に喜びを与えているんだろ?外野の声なんて気にするな」
と言ってくれた。


あの中指に、今の俺がどれだけ背中を押されているか。

あの中指は、俺にとって「シールド」なんだ。

俺のラッパの音をうるさく思う人、当然いる。その人たちの事情もわかる。
聞きたくない人にとっては騒音でしかない。眠りたい人、静かに飲みたい人。

でも、今の俺には、「そうですか、なら、金輪際やめます」とはならない。絶対に。
「あ、そうですか。失礼~!」とその場を立ち去るのみ。

なんで流しをやってるの?
お金を稼げる?Yes。
濡れ手に粟のチョロいお仕事?No。
「人」に会える?Yes!Yes!Yes!

やらずにはいられない。

流しをしていると、自分が素っ裸の剥き身で世界と対峙している気持ちになる。
今まで薄い膜で守られていたものが剥ぎ取られて、身ぐるみはがされて路上に放り出される感覚。
怖い。寒い。けどやめられない。
だって優しいんだもん、人。

時にズタズタになるけど、それでもなお生きてる実感がする。

ここの部分は、正直まだ考えがまとまっていないんだけど、

「うるさい!」という対象は、俺そのものなんだ。
嘘っぽい音は、嘘っぽい俺なんだ。空虚に響く音は、冗舌に過ぎる俺なんだ。

言い換える。

音楽家の端くれにとって、自分の音は自分の存在そのものなんだ。

自分の存在が、ある人にとっては迷惑となる。
でも、だからといって自分の存在を消すことはできないでしょ?

「俺が嫌い?ごめんねごめんね~!」と。
「俺が嫌い?知るかバカヤロウ」と。

そのシールドこそ、Randyが示してくれた中指なんだ。

弱い俺が、心の中で中指を立てながら、世を渡っていく。

流しはやめない。
おまわりさんに止められるか、ヤのつく人に因縁つけられるまでは。
そして、俺の中にRandyの中指がある限り。
randy
ブリトーもうまかった
スポンサーサイト

2016/01/23 Sat. 03:17 [edit]

Category: 真面目な俺萌え

TB: 0  /  CM: 0

top △

サンフランシスコ総括 

このブログもたま~の更新になって、書く内容がどんどん濃く重くなっているのを感じる秋の日です。

旅から帰ってきてからずっと、「総括しなくちゃ」と思いながら1ヶ月が経ってしまった。

なんかこう、もらったものが多過ぎて両手がふさがってしまっていて、落とすまい落とすまいとしながらも、後ろの人も押してくるのでヨタヨタ歩き出してしまった感じです。うん分かりづらい!

女子高生がスクラップブックを作るように、OLがコルクボードに写真を貼るように、俺は「総括」をする!
一旦整理しないと大切なこと忘をれてしまいそうで。

以下、まとまってないですが、感じたことの断片を書き留めておきます。

・この旅で得たもの
①「与える」ということ
この旅でRandyという人に出会った。彼は友人の友人といった間柄であるにも関わらず、nostaramaがライブ出来るように八方手を尽くしてくれた。
有名なバンドならいざ知らず、どこの馬の骨とも分からない日本の4人組に自分の店を一晩貸すというのは、ライブハウス側からしてみても、リスクが大きい。集客できないかも知れないでしょ。だから普通は断る。
当然、nostaramaも断られ続けた。というか、無視された。
そんな中、Randyはそれこそ何箇所も根気強くアタックしてくれて、最後には自分の家でパーティーまで開いてくれた。nostaramaの演奏を友人達に聴いてもらうためだ。

そこまでしてくれるん!?

これを、ごく自然に、当たり前のようにサラリとこなしてしまう(ように俺からは見えた)。
言っとくが仏じゃないぜ。同じ人間だぜ。
死ぬまでに、どこまで彼に近づくことができるかな、と、少し恥じ入りながら考えまます。

②ある音楽的な高みへの到達
到達、というよりも、nostaramaの仲間によって、サンフランシスコの空気によって、他の様々な有象無象によってリフトアップされた感覚。

街の放つ匂い、雑貨屋に並ぶ色とりどりの野菜。英語スペイン語中国語よく分からない言葉。安ホテルにもはや「住んじゃってる」人たち。

どれを取っても、あまりに刺激的。

その刺激と、自分の身体との歯車がガッチリ噛み合ったとき、もはや身体は関係なくなる。自分が音楽そのものになる。
この境地を1秒でも多く味わっていたい。だから、トランペットをずっと続ける。続けてきたけど、もっと続ける!ある意味ドラッグよりもたちが悪い。

・この旅の意義について
③「4人で行った」ということの凄さ
一人で行ったんとちゃうで。4人で行ったんやで。それぞれがそれぞれのハードルを乗り越えて、4人が同時に行ったんやで。
俺のハードル、それは金銭面と、家族をどう説得するか。身重の奥さんと手のかかる息子を置いて、サンフランシスコに行く意味は?

「日本ですら売れてないのに、何故に海外?」←ここポイント

そう、誰も待ってない。

奥さんとの話し合いも紛糾した。
「ホラ、海外でやったとなると少しは箔もつくでしょ?」なんて言ってみたり。全然知らないくせに。

結局、「家計からは1円も出さない」ことで何とか合意を取り付けた。渡航費は全て流しのラッパで稼いだ。

それでも、十分には説得できなかった気がする。なにせ、俺自身だって半信半疑だったんだから。

「観光とちゃうの?」
「思い出作り?」
「素敵な1週間でした。リフレッシュしました。明日からまた頑張りましょう。以上?」

違う、そうじゃない


そんな中、いつもお世話になってる西横浜El PUENTEのマスター、シゲさんに

「行くしかないでしょう。人生一度きりなんだから!」

そのシンプル極まりない言葉を頼りに、半ば無理やり、なし崩し状態で渡航に踏み切った。
その結果がコレです。





旅の終わり、ノリエさんが豊田さんに対して

"You are the man! I'm proud of you."

と言ったが、この言葉に凝縮されている気がする。
今回の旅が実現するまで、2年近くの歳月を要した。その間、メンバーも変わった。一時は解散寸前の憂き目にも合った。
でも、豊田さんはあきらめず、不自由な英語でメールし、国際電話をし、ライブハウスとの交渉機材の手配レンタカーの手配比較的安全な安宿の手配から全てを行った。

すごい。まさに「アンタ男だよ!」

今回の旅を経て、何かが変わる。そうあってほしい。

時間の使い方が変わる。
人生観が変わる。
優先順位が変わる。
周りの反応が変わる。
変われるはずだ。今までも変わってきた。
現実を、もう少し良くできるはずだ。痛いニュースなんて見てる場合じゃない!

家族には、日々の態度で、日々の行いで返していくしかない。

また行きたい。今度は家族と行きたい。
家族と行くにはあんな安ホテルじゃ駄目だ。

金を稼がねば。
音楽で稼がねば。

nostaramaで世に出たい。

今回体験した感覚たちは、きっと日常の波に揉まれる中で、風化していくものもあるだろう。
でも、大切なものは静かに心の中に沈殿して、残っていくでしょ。
そもそも、旅と日常は分断されるものでは無いはず。日常だって、大きな旅の一部分なんだから。

総括、以上!

2014/11/09 Sun. 14:59 [edit]

Category: 真面目な俺萌え

TB: 0  /  CM: 0

top △

古いノート 

最近引っ越しまして、そのときに出土した古いノートを見返したりしてます。

note
字の汚さにはブレがない

それにしても、この「遊び」のなさよ。1分も無駄にしたくないという気迫。
読んでいて、何だか胸が詰まる。
焦りや不安、熱意、夢なんかがごちゃ混ぜになっている。


その後、仕事に就いて、子どもができた。
こうしてキーボードを叩いていると、超笑顔の息子が容赦なくよじ登ってくる。

残念ながら音楽だけでは食っていけていない。
練習の時間はノートの頃の1/10といったところか。
heya
今の練習場

このノートを書いた日の俺が今の俺を見たら、なんて言うだろう。

「…でも、幸せなんだろ?」


引っ越してから、息子を保育園に送る朝の20分間だけ、いいラジオ番組が聴ける。inter FMの「バラカン・モーニング」。
ほんの短い間だけなのに、なかなかどうして、いい曲に出会えるんだな。

こないだ、この曲にガツンとやられた。

かまやつひろし「ゴロワーズを吸ったことがあるかい」

1975年だって。俺の生まれた年にこんなイカシたものを作るなんて…。
演奏はタワー・オブ・パワーだって。納得。
そしてこの歌詞ときたら。冷水をぶっかけられた気持ちになった。
この感覚、以前にも一度あった。茨木のり子の「自分の感受性くらい」という詩に触れたときだ。


変化に対してしなやかで、かつ目の前のハードルをブチ破る強さが欲しい。

2014/08/25 Mon. 01:05 [edit]

Category: 真面目な俺萌え

Thread:雑記  Janre:ブログ

TB: 0  /  CM: 2

top △

結婚式について考える 

どうもこんにちは。全身に想われニキビができて笑いが止まりません。武藤です。


先日、友人の結婚式にお招きいただきました。二人にとってはもちろん、私にとっても最高の一日でした。


わたくし結婚式については、かねてから感じていたことがありまして、

「結婚式、二次会及びそれに準ずるパーティーにおいて『会の無秩序の度合い』が即ち二人のナイスカポー度となる」
という疑惑なんですが、先週のHASHI本勇介君、KI良早織さんの式を経て、それは確信となりました。

で、その無秩序度合いを測る指標として、現時点で私が着目しているのは

「二人が高砂に座っている時間の長さと、会の面白さは反比例する」

という、俗に言う「Tタイム尺度」というものです。

graph01.jpg
高砂時間-面白さ逆相関のグラフ

そのほかの見どころとしては、
・新郎が慌ててメインディッシュにがっつき、腹に収めている
・新郎の見せ場なのに新婦が行方不明、もしくは友人との会話で気づかない
・お客さんの見てる前で新婦が新郎を叱る

・二人よりもお客さんの方が会の行方を気にかけている
kira.jpg
参考写真:ツイストを踊る新郎

・予定外のことが起こりすぎて予定のイベントができない
uewomuite.jpg
参考写真:時間切れで幻となった会のテーマソング合唱「上を向いて歩こう」

・客の方が目立ちたがりで、主役が置いてかれる
musashi.jpg
参考写真:宮城MUSASHI君・大場AYA子さんパーティの一幕。ちなみにこの会は高砂そのものが無いため、上のグラフに当てはめると「面白さ∞」ということになる。実際そうでした。

・新郎新婦よりも泣いているお客さんがいる
・「少し黙ってろ」とたしなめたくなるお客さんがいる
・最後の新郎挨拶、かなり真面目な雰囲気の中、本来なら「○○(呼び捨て)と私は…」と言うべき所で「○○ちゃんは…」と、いつもの呼び方が出てしまう

などなど。他に何かポイントがあったら是非教えてください。

かつて、私たちの2次会の幹事をしてくれた友人が、
「お客さんは二人のラブラブな姿を見たいだけなんだから、それを見せ付けてやれば式の成功は決まったようなもの」
と言っていた。気がする。

会が滞りなく、つつがなく、予定通りに進みすぎてしまうと、二人の「よそ行きの顔」しか見ることが出来ず、二人の素顔、二人の関係性を垣間見ることができない。

ハプニング、不測の事態で見せる二人の「素のすがた」がたまらなく素敵だから。
式を通して、二人が培ってきたもの、積み上げてきたものが垣間見える。
それが、お客さんをハッピーにする。

だから、結婚式が好き。

2013/11/23 Sat. 19:47 [edit]

Category: 真面目な俺萌え

TB: 0  /  CM: 2

top △

バイオのリズムを知ってるかい? 

hohohoi.gif
気分って強力に人を支配するよね。

色眼鏡みたいに、同じ出来事をある時は良く、ある時は悪く捉えさせてしまう。

それは、きゃりーぱみゅぱみゅ先生も「同じ空が どう見えるかは 心の角度次第だから」と看破しておられます。

その気分は、体調その他色んなことで浮き沈みするんだけど、その度合い、俺やっぱり少し振れ幅が大きいのかもしれない。簡単に人と比べることは出来ないけど。

もしくは、その時々の気分の振れに簡単に行動が左右されてしまう。

気分曲線


ある人の「行動によって気分をコントロールできる人は強い人、気分によって行動が左右されてしまう人は弱い人」という言葉が印象に残ってるんだけど、それに則ると俺は全くの弱者なんだな。

その点はある程度あきらめてしまって、自分流の晴耕雨読メソッドを身につけたいです。雨は雨。祈祷師じゃないから天気は変えられん。


でも本当は、もっとコンスタントなパフォーマンスを保ちたいんだけどなぁ。。

きっと、コンスタントに熱意を持って物事に取り組んでいる人のバックには「信念」があるんだろうな、って思う。

俺は目先のオモローに飛びつく反射神経はあるんだけど、もっと長い目で見たオモローをじっくり味わう、ハイレベルな楽しみ方ができたらいいよね。
きっと、それが俺の中での信念とか、ビジョンになっていくんだと思う。

真面目にオモローを追求したい。

さ、四畳半セッション行くぞ!!今日はどんなオモロー事件が待ってることやら…?

2013/04/20 Sat. 17:44 [edit]

Category: 真面目な俺萌え

TB: 0  /  CM: 4

top △


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。