スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

中指の意味 

nakayubi
2014年にnostaramaでサンフランシスコに行き、Randyという人に会った。
とても優しい人だ。英語の不得手な俺たちに、ゆっくり分かりやすく言葉を選んでくれるひと。

彼の家に滞在中、俺が日本で「流しのラッパ吹き」をしていることを話した。
流しという概念が海外にあるかどうか分からんが、要するにストリートミュージシャンで、PlayingしながらWandering aroundしてTipsもらってさ、、、とよく分からない英語を使って伝えた。
そのなかで、
「喜んでくれる人もいるけど、中には『うるさい!!』って怒鳴る人もいるんだよね。。」と俺が話すと、彼は静かに、しかし力強く、中指を立てた。

そう、中指。

"Fuck them"

最大級の侮蔑語にして、自分の身も危険にさらしかねない、過激な表現。

そして、
「ユーの音をうるさいと思う人もいるかもしれないが、それ以上に喜びを与えているんだろ?外野の声なんて気にするな」
と言ってくれた。


あの中指に、今の俺がどれだけ背中を押されているか。

あの中指は、俺にとって「シールド」なんだ。

俺のラッパの音をうるさく思う人、当然いる。その人たちの事情もわかる。
聞きたくない人にとっては騒音でしかない。眠りたい人、静かに飲みたい人。

でも、今の俺には、「そうですか、なら、金輪際やめます」とはならない。絶対に。
「あ、そうですか。失礼~!」とその場を立ち去るのみ。

なんで流しをやってるの?
お金を稼げる?Yes。
濡れ手に粟のチョロいお仕事?No。
「人」に会える?Yes!Yes!Yes!

やらずにはいられない。

流しをしていると、自分が素っ裸の剥き身で世界と対峙している気持ちになる。
今まで薄い膜で守られていたものが剥ぎ取られて、身ぐるみはがされて路上に放り出される感覚。
怖い。寒い。けどやめられない。
だって優しいんだもん、人。

時にズタズタになるけど、それでもなお生きてる実感がする。

ここの部分は、正直まだ考えがまとまっていないんだけど、

「うるさい!」という対象は、俺そのものなんだ。
嘘っぽい音は、嘘っぽい俺なんだ。空虚に響く音は、冗舌に過ぎる俺なんだ。

言い換える。

音楽家の端くれにとって、自分の音は自分の存在そのものなんだ。

自分の存在が、ある人にとっては迷惑となる。
でも、だからといって自分の存在を消すことはできないでしょ?

「俺が嫌い?ごめんねごめんね~!」と。
「俺が嫌い?知るかバカヤロウ」と。

そのシールドこそ、Randyが示してくれた中指なんだ。

弱い俺が、心の中で中指を立てながら、世を渡っていく。

流しはやめない。
おまわりさんに止められるか、ヤのつく人に因縁つけられるまでは。
そして、俺の中にRandyの中指がある限り。
randy
ブリトーもうまかった
スポンサーサイト

2016/01/23 Sat. 03:17 [edit]

Category: 真面目な俺萌え

TB: 0  /  CM: 0

top △


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。