スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

お笑いマンガ道場の思い出 

kurumadankiti.jpg

昨日、「カルマだん吉」というどうしようもないダジャレを口にしてから、「お笑いマンガ道場」のことが頭に引っかかっている。

あれは一体なんだったんだろうか。や、テレビ番組なんだけど。
見た回数の少なさの割には、俺の人生に意外と食い込んでるんだ。

いまだに、IDやパスワードを忘れたときの合言葉は
「だん吉・なお美の」
    ↓
「おまけコーナー」
と決まって設定していたりするし。

「ドラえもん」や「8時だョ!全員集合!」のように、ブラウン管の前を陣取って心待ちにしていた番組でもないのに。
なんか、「遭遇」しちゃうんだよね。

小学生の頃、36号棟のゆうちゃん家でテレビのチャンネルをガシャガシャ回していたら、いきなり

「ボインがぁっ!!」

と、どアップのだん吉が叫んでいるのに遭遇して、ゆうちゃんと大笑いしたことを思い出す。

いつも鈴木センセイと冨永センセイがけなし合いをしてたよね。絵は決まって、モジャモジャ頭の鈴木センセイがドラム缶の中で寝てる絵だった気がする。

そして川島なお美に関しては、幼心に「なんでこんな美人なひとがこんな番組に出てるんだろう?」と訝ったもんだ。

そもそも、お笑いマンガ道場がどういう番組だったのか、
そもそも、おまけコーナーって何のコーナーだったのか、全然思い出せないところがすごい。

ひょっとしたら、まぼろしだったのかもしれない。本当は道場もだん吉もなお美も存在しないんじゃないか?

待てよ。1億人による「おまけコーナー!」の唱和のためだけに、政府が強制的に埋め込んだ記憶なんじゃないか?
陰謀の匂い。全く手の込んだことをしやがる。

気づいたところで、もう手遅れか。
俺が真っ先に「おまけコーナー!」と叫びたくてウズウズしてるんだから。
スポンサーサイト

2011/05/29 Sun. 07:16 [edit]

Category: 脳内加速萌え

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント:

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック:

トラックバック URL
→http://koskevich.blog.fc2.com/tb.php/10-b007d7bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。