スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャズ天満宮のこと

P1000078.jpg

こないだ、Jazz天満宮のライブがあった。

このバンドと出会ったのは、10年以上前。ひえー

元はお客さんとして通っていた。
俺にとっての「はじめてのjazz」であり、トランペットに対する考え方のコペ転を体験したのも、このバンドのライブを聴いたときだった。

それまで、トランペットのいわゆる「リード的側面」ばかりを追って、高音!音量!速いパッセージ!だった俺の頭に、
「曲の中を「泳ぐ」ことができるんだ、音域の問題じゃなくて、美意識の問題なんだ」という、新たな地平を見ることが出来た。
それからずっと、MDの録音機を忍ばせてライブに行き、打ちのめされつつ、いつかああなると思ってチマチマ耳コピをしてた。

5年前、トラとして参加することになった。
その頃の俺は最悪の精神状態で、生きてるか死んでるか分からない状態だったんだけど、この参加がきっかけで、トランペッターとしても、一段、グイッと引き上げてもらった感じがした。そこから急激に視界が開けてきて、現在までの線が1本、つながっている気がする。

多分、このバンドに出会えてなかったら、ラッパ続けてないかも知れない。

コメント

いやーん。
こちらこそむっちゃんに散々助けてもらってます。
いつもありがとう~

Re: タイトルなし

いやぁぁ~~んッフ♪
それはこっちのセリフさぁ。
非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。