スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

ハイD 

trumpet.jpg
トランペッターの憧れ、ハイノート。

みんな、いい音出したくって、音域拡げたくって、スタミナ付けたくって日々練習してる。

俺もその一人。
ファイト一発、助走無しで「ギャーン!」と出したいんだな、ハイDを。

ハイDというのは、ピアノでいうところの、真ん中よりも右のほうにある「レ」の音ね。

トランペット界では、
低いのがローD、中くらいのがミドルD、高いのがハイD。すげぇ高いのがダブルハイD。頭おかしいのがトリプルハイD。って明確にクラス分けられていて、もちろん、出せる人のほうがエライ。小林さんよりも大林さんのほうがエライのと一緒の道理だわ。


ここまでくるともう「絶倫」と言いたい。

ラッパを吹いて20年余り、恥ずかしながらまだ一度もハイDをキメたことがない。

でも、今レコーディングしている曲で、どうしても出したい場所があるんだな。

で最近、柄にも無くアスリートみたいにフィジカルな練習をしてるんだけど、その中で2つ気づくのが、

「ハイノートの練習はハイノートを出すためだけにあらず、中低音も豊かにする」ってことと、「少しだけマッチョな気分になれる」ってこと。

俺の中にもオラオラのイケイケな部分があるんだ、って気づく。自分のラッパの音が別の角度から、まんざらでもないと思える。

ああ、出せないかな~。今週末までに。
スポンサーサイト

2013/06/20 Thu. 01:13 [edit]

Category: 音楽萌え

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント:

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック:

トラックバック URL
→http://koskevich.blog.fc2.com/tb.php/142-29bbfd62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。