スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

団地 

今年に入ってから、子どもの頃住んでいた団地に配達に行ってます。

ごくごく近くなんだけど、全然足を伸ばしてなかった。そりゃ用事ないからね。
住んでたのは小1の頃までなので、団地の頃の記憶がなんだか偏っている。なにせ、「だん吉・なお美のおまけコーナー」だからな。

あの頃って、「アヤしい人たち」が普通にいたよね。あと野良犬も。公園でゆうちゃんが野良犬に追っかけまわされてるのを何度か見た。
覚えているのが、変なものを売ってるおじさん。
「この道具を車の通り道に置いておくと、踏んだタイヤは必ずパンクするんだ」とかいって、かんしゃく玉をはさんだクリップみたいなものを見せびらかしたりとか。「そんなの誰が必要なんだ」なんて考えは子どもにはないから、いつでも興味津々。

あと皆さんも覚えてると思うんだけど、校門の前で妙な教材を売ってるひと。オマケばっかり充実してて、俺達はそれにしか興味がないんだ。渡されるチラシは全部、通学路で紙ヒコーキに化けるから母親の手元には届かない。

今になって冷静に考えると、あの人たちはアレで食っていけてたんだろうか?

「子供だまし」の言葉そのまま。それだけ子どもが多かったんだな。
周りはガキンチョだらけだったもんな。
小学校はふくれ上がって、校舎に収まり切らない子どもはプレハブ校舎だった。そのせいで校庭が狭い狭い。
トイレは汲み取り式の簡易トイレで、月1でバキュームカーがやってくる。作業中の臭いが漂ってくると、それだけでテンションの上がるバカ男子は「うんこくせぇ~!」なんて言いながら大喜びするんだ。

冬になっても頑なに半袖半ズボンを貫く奴、机の中から化石化したコッペパンが出てくる奴、ノートにクラス全員分のプロフィールをコンプすることに血道を上げる女子。
近所のおばさんがごみを捨てに行ってコンテナを開けたら、ゴミに紛れてかくれんぼの最中の子どもがいた、というのは俺。すぐ母親に通報→怒られ。

そんな団地なんだけど、なんだか小さくて静かになっちゃったなぁ、なんて思いながらせっせと配達してます。
息子もこの近所を、小さくなったなぁって思い返すときがくるのかな。

桜

DSCF2761.jpg

桜は大きくなって、周りは静かになった
スポンサーサイト

2011/06/16 Thu. 02:27 [edit]

Category: たそがれ萌え

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント:

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック:

トラックバック URL
→http://koskevich.blog.fc2.com/tb.php/21-1c328077
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。