スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

お引越し(2) 

8月に引越しをしました。

前回の引越しは、新居で家財道具を買い揃えたので、引越しとしてはラクでした。

なので、ちゃんとした引越しは今回が初めてです。

結論から言うと、引越しナメてました。

・業者を使わずに友人の血と汗を使おうとしたこと
・家具の置き場所を一つも決めてなかったこと
・事前に不要物の処分をしていなかったこと
・軽トラで済まそうとしたこと
・真夏の炎天下の下で引っ越したこと

などなどなど。

結果として、丸一日かけて男3人で汗だくになりながら軽トラで往復すること7回、自慢の新居は瞬く間にガレキの山と化したのでした。
2011081517570001.jpg

2011081517570000.jpg
夜逃げさながらの、てんこ盛り軽トラ×7台分を一日で。

やっぱり、単身ならまだしも、一家三人(含む赤ちゃん)の引越しを友達うちだけで済まそうってのがそもそもの間違いのもとだよね。と8月の自分に言いたい。たぶん聞く耳持たないけど。

業者さんが見積もり来たとき、「プロに任せた方がいい物ってありますか?」の質問に「全部です」って言われた意味が今なら分かる。そのときは「営業トークでたー」位にしか考えてなかったけど。

もともとコンパクトな家だったし、モノもそれほど多くないだろう、なんて考えてたんだけど、出てくる、出てくる。
収納スペースがなかった分、すごく工夫して収納してきたもんだから、その溜まりに溜まったモノたちが一気に床に散乱するわけだからね。びっくりした。

友人Mね君はしきりに「前の晩から来ればよかった」「武藤だらか心配だったけど、さすがにもう大人なんだから大丈夫だろうと思ったが」「やっぱり武藤だったか」と己の見込み甘さを反省していました。俺も、少しだけ反省しました。
もう一人の友人Iわ波君は「いい友達を持ったね」とやさしい言葉をかけてくれました。俺は「そうなんだよ!」と強く、そして他人事のように頷きました。

で、超たのしかった。祭りだから。

↓祭りのあとの様子


スポンサーサイト

2011/09/20 Tue. 02:53 [edit]

Category: 雑文

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント:

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック:

トラックバック URL
→http://koskevich.blog.fc2.com/tb.php/53-64696350
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。