スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

ハイD 

trumpet.jpg
トランペッターの憧れ、ハイノート。

みんな、いい音出したくって、音域拡げたくって、スタミナ付けたくって日々練習してる。

俺もその一人。
ファイト一発、助走無しで「ギャーン!」と出したいんだな、ハイDを。

ハイDというのは、ピアノでいうところの、真ん中よりも右のほうにある「レ」の音ね。

トランペット界では、
低いのがローD、中くらいのがミドルD、高いのがハイD。すげぇ高いのがダブルハイD。頭おかしいのがトリプルハイD。って明確にクラス分けられていて、もちろん、出せる人のほうがエライ。小林さんよりも大林さんのほうがエライのと一緒の道理だわ。


ここまでくるともう「絶倫」と言いたい。

ラッパを吹いて20年余り、恥ずかしながらまだ一度もハイDをキメたことがない。

でも、今レコーディングしている曲で、どうしても出したい場所があるんだな。

で最近、柄にも無くアスリートみたいにフィジカルな練習をしてるんだけど、その中で2つ気づくのが、

「ハイノートの練習はハイノートを出すためだけにあらず、中低音も豊かにする」ってことと、「少しだけマッチョな気分になれる」ってこと。

俺の中にもオラオラのイケイケな部分があるんだ、って気づく。自分のラッパの音が別の角度から、まんざらでもないと思える。

ああ、出せないかな~。今週末までに。

2013/06/20 Thu. 01:13 [edit]

Category: 音楽萌え

TB: 0  /  CM: 0

top △

第14回四畳半セッション、男の美学炸裂で大玉砕 

mishima.jpg

ぶひーっ

毎月、月末の土曜日にブッ開催される四畳半セッションでございます。場所はもちろん、野毛で一番旨いビールが飲める店、ZOO

きちんと毎月やってるんです。俺が報告業務を怠っているだけで、毎回、ちゃんと玉砕してるんですよ。

四畳半セッションは、演奏内容を全てお客さんに依存するという他力本願な催しなので、当然、毎回違うお客さんによってセッションの雰囲気も変わってきます。

今回、お客さんの中にサンタナ(※注1)の熱烈なファンがいらっしゃいまして、うちのギタリスト、オギハラさん(※注2)を指して「サンタナがいるじゃないか!」と歓喜、「ヨーロッパ!ヨーロッパ!」(※注3)と熱烈なリクエストをいただきました。

そうなると後には引けない私達。急遽適当なコードをあてがって、あとはオギハラさんに全てお任せという、ここでも他力本願な対応。ザッツ四畳半スタイル。

果たして本番。オギハラさんの一音目を聴いた瞬間、ひとつの鮮烈なヴィジョンが頭の中で爆発した。


(皆さんも想像してください)



漆黒のステージを照らす、一筋のスポットライト。

床に立ち込めるスモーク。そして静寂。

PUSH>>> <<<PUSH


・・・と、奈落から全裸の三島由紀夫がゆっくりと回転しながらせり上がってくる。

mishima.jpg


鍛え抜かれた鋼の肉体。その決然とした表情に、俗物たちは近寄ることすら許されない。

恍惚という美学がそこに。嗚呼、金閣寺!!!

気が付いたら、ポージングをしていました。俺が。

次回は6月29日(土)です。来てくださいね!


注1:これがサンタナ
europa.jpg


注2:オギハラさんは元・うちのご近所さんで、四畳半のメンバーではないにも関わらず、メンバーの誰よりも早くお店に来て、店のギターの弦を張り替えたり、店のギターのボディを磨いてメンテナンスしてくれたり、店のビールを飲んだりと、最高にイイ人です。そしてお客さんの要望に応じてサンタナにもエディ・ヴァン・ヘイレンにもなれるスゴ腕のギタリストです。

注3:ヨーロッパは邦題「哀愁のヨーロッパ」という、サンタナを代表する曲のひとつ。

2013/06/01 Sat. 14:45 [edit]

Category: 音楽萌え

TB: 0  /  CM: 0

top △

天狗なう 

tengu_logo.jpg

明けましておめでとうございます。

つい先日、野毛で流しのラッパのことを、神奈川新聞のライター、橋本彰さんに紹介してもらってから、家族をはじめとして周囲が喜びで浮き足立っています。合わせて、私の方も若☆干ではありますが天狗になっています。

流し2
ことの発端の新聞記事。今はうちの家宝の箱に収めてます

どれくらいのテング度合いなのかというと、仮にグラミー賞受賞者のテング加減を15万テングと設定するならば、今の私は2万テングといったところです。

相対的に位置づけするなら、
グラミー賞受賞
紅白出場
イグ・ノーベル賞受賞
渡辺篤史に我が家を褒められる
モンドセレクション金賞受賞
身内が毒蝮三太夫に罵倒される
日本アカデミー賞受賞
>>ここらへん<<
ヨネスケに晩ご飯を食わす
ドクター中松特別賞受賞
のど自慢で1発鳴らされる

若☆干じゃなかった。結☆構イってるわ。

更に、このテングポイントを具体的な行動に還元するとどうなるかというと、ちょうど
「記事を引き伸ばし、額に入れてお店に贈呈する」ということになります。これでピッタリ残高ゼロです。

sikisi1.jpg 
なので、届けることにしました。好むと好まざるに関わらず、店の一番目立つところに飾ってもらいます。

「このままだと際限なくテングになってしまうのでは…」と心配していたので、ホッと胸をなで下ろしています。もう謙虚なうです。

sikisi2.jpg
まあご謙遜!

2013/01/03 Thu. 10:04 [edit]

Category: 音楽萌え

TB: 0  /  CM: 0

top △

第9回四畳半セッション、忘れた頃に玉砕 

こんにちは。

もう1ヶ月以上前になりますが、野毛zooでの危険な音遊び「四畳半セッション」1周年記念特別企画ということで、いつもと変わらずハチャメチャな感じで楽しんでまいりました。

さて、熱い鉄がキンキンに冷えた頃に動画をアップしちゃうぞ。


いつもと違うことといえば、「野毛ハロウィン便乗企画」ということで、何となく仮装をほどこしたということくらい。確認できたのは、ブルースブラザーズ、魔女、馬、アクセルローズ、ストレッチマン、ロシア人、ダフトパンク。

…思えば1年前、最初はゲリラ的に行うだけのはずが、こうやってお店の恒例イベントになって、わざわざ来てくれる人がいるって、凄いことだし、涙が出るくらい、なんか嬉しいな。
時の流れの中で、ともすると当たり前のように感じちゃうけど、全然当たり前なんかじゃない。1年前の俺がこの状態をみたら驚くぞ、きっと。
これからも驚かせてくれよ。zooよ、四畳半よ。

あと、今回めでたいことに、仮装ではないリアルお巡りさんにご足労いただけました。「この騒ぎは何事?」ということでしたが、さすがはうちのマスター、「毎月やってるけど何か?」と啖呵を切ったそうです。
syuusaku-up.jpg
「何か?」



次回は12月29日(土)、やり残しゼロ宣言!ということで、全てをやり切って2012年を皆さんと一緒に終えたいと思います。
121229.jpg

どうぞよろしく!!

2012/12/04 Tue. 06:01 [edit]

Category: 音楽萌え

TB: 0  /  CM: 0

top △

悩めるヤングミドル、動く 

最近、考え事をする時間が少し増えてきた。
自分でも、あまりよくない傾向だとは思うんだけど、どうしても考えちゃうんだよね。

将来のこと。仕事のこと。やりたいことと、できること。
yaritaikoto.jpg

色々頭の中がゴチャゴチャになって、「このままじゃ中途半端なオサーンになっちゃう助けてー」と、音楽仲間のKな丸U子ちゃんと、旦那さんで脚本家のAN藤康太郎さんに相談したのが月曜日のこと。

色々話を聞いてもらって、すごくいいアドバイスを沢山もらった。

「どうしてもやりたいことがあるのなら、それで食っていける方策を考える」

「今できることは限られている」

「それでお金を稼ぐには」

「トイレで用を足す」

「流しのトランペッターをする」

という天啓が青いイナズマとなって僕を攻めてきて、ココロとカラダを焼き尽くしてゲッチュした。

というわけで金曜日、いつも世話になっている四畳半セッションの本拠地、野毛ZOO前特設ステージ(with足元に投げ銭バケツ)から初めて、野毛をラッパ吹きながら一周してみた。

そしたら、通りがかりの酔っ払いのお客さんや、外飲みしてるお兄ちゃん達、プレジデントに乗った怖そうな殿方、外人の方などから「いいねー!」「アレやってアレ」などと言われながら瞬く間にバケツが小銭でジャラジャラになり、最終的には、「アナタちょっとウチの店で吹きなさいよ」って近くのオカマバーに連れて行かれてひとしきり吹いた後、「アナタ下手ね!そんなんでお金を稼ごうなんて甘いわよ!」と愛のムチを頂戴したりと、ほんの小一時間で濃厚な経験&チップをいただきました。

やってみるもんだね。

本日のセットリスト

・Take Five(移動中)
・寅さん
・川の流れのように
・ルパン
・The Look Of Love
・酒とバラの日々
・I'll Close My Eyes
・金曜ロードショー
・Sir Duke
・Isn't She Lovely
・Caravan
・Moarnin'
・ブルーライト・ヨコハマ
・タブー
・セレソ・ローサ
・クロマティのテーマ
・バースのテーマ
・掛布のテーマ

今夜は野毛Sam's Barでノスタラマのライブをします。屋根とお客様があるありがたみを一段と感じそう。。

2012/11/10 Sat. 11:30 [edit]

Category: 音楽萌え

TB: 0  /  CM: 0

top △


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。