スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

いい塩梅 

いい塩梅になりたいなあ、と夢見る。主に、仕事と音楽活動のバランスについて。

最近、ちょっと仕事に押され気味だな、、なんて思っていたら、俺なんか比べ物にならないくらい押されまくってる友人の近況を聞いて、色々考えてしまった。

諸々のバランスの取れた「いい塩梅に」なりたいなあ、と夢見る。

でも、「いい塩梅」なんて実際はほんの1mmくらいの幅しかないんだよ。ほとんど、幻想に近い。

みんなギリギリな中で、いくばくかの「?」を抱えて日々を切り抜けてる。視界良好?うそだあ。ちゃんと見えてんのかい?
今の俺は、日々目の前のタスクをなぎ倒しながら、でも色々取りこぼしながら気が付いたら一日が終わってる、って感じだよ。

ならば、と仮定してみる。学生時代に戻りたいか?

一瞬、惹かれはするが、ちょっと待て。お前何してたよ?笑っていいともを目覚まし代わりにしてたじゃないか。
目の前にお望みの「時間」も「自由」も有り余ってたのに、ほとんど活かせなかったじゃないか。

「あれから成長してます、もう時間を大切にします」?うそつけ!奥さんが出産して実家に帰ってた時期、お前何もしないで寝まくってたじゃないか。

ダメなんだよ。適当な外圧や制限がないと。
それがなくなると、途端に自分で自分を律することができなくなっちまう。

問題はその「適当」加減なんだけど、それは簡単には選べないじゃない?

だから、その時々に与えられたカードの中でやりくりするしかない。
今、俺の手の内には「食うには困らない程度の収入」と「絞れば出てくる程度の時間」と「こうしてボヤける程度の気力」ってカードがある。1番で上がれるか微妙だけど、まあ悪くはない。

2012/09/15 Sat. 01:41 [edit]

Category: 真面目な俺萌え

TB: 0  /  CM: 0

top △

つながり 

今日、知的障害のある方々のグループホームで演奏させてもらう機会があり、吹いてきました。マルマルモリモリにさんぽに青い山脈に蘇州夜曲に他もろもろ。

普通の家を少し大きくしたような、「施設」感の微塵もない、友達の家に来たような居心地のいい場所だった。


聞いたら、利用者さんの親御さん達が、将来、自分達がいなくなった後も末長く暮らしていける居場所を、どうしても作りたかったんだって。その想いが結集したような場所、近所の人達も子供も赤ちゃんもみんないる、そんな素敵な場所だった。

演奏はラッパ1本だったんだけど、歌う人踊る人叫ぶ人、「魔女の宅急便やって」なんてザックリとしたリクエストをする人、みんなフリーメンだらけでスゲェ楽しかった。

そういうコミュニティが、そこかしこにあるんだねー。ただ存在を知らないだけで。

素敵な経験でした。

これからノスタラマのライブ。切り替え?必要ないね!!

2012/06/09 Sat. 20:28 [edit]

Category: 真面目な俺萌え

TB: 0  /  CM: 0

top △

感情失禁 

soukai_4902011763546.jpg

最近、ふとしたことで軽い尿モレのような涙が出る。ほんと、ふとしたことで。

精神医学の世界では、「感情失禁」という言葉があるが、失礼な話だよな。
学生時代の実習先で、昼飯の献立がカレーなのを聞いて、「カレ~、ねぇ…」と泣いてしまうおばあちゃんがいたが、2時間ドラマで泣くのと昼食の献立で泣くのの何が違うってのよ?

だったら俺は失禁し続けるよ。

2012/06/05 Tue. 07:32 [edit]

Category: 真面目な俺萌え

TB: 0  /  CM: 0

top △

男の事情、女の事情 

P1000045.jpg

もう夏だから。色々あるわ。

~男性軍~

zeturin.jpg

これをレジに持って行くのは相当勇気が要るな。
そのハードルを越える切実さにストーリーを感じる。
「負けられない試合が、そこにはある」


~女性軍~

P1000010.jpg
これをレジに持って行くのはまた相当な勇気が要るな。

この「Cカップ」という絶妙なチョイス。Dに踏み切るかどうかで喧々諤々の議論渦巻く会議室。やはり穏健派の勝利。


仲良くいこうよ。元々一つの身体だったんだから。

2012/05/25 Fri. 03:41 [edit]

Category: 真面目な俺萌え

TB: 0  /  CM: 2

top △

成り行き 

SH3I04370001.jpg

先週の土曜日は、ノスタラマ初のファミリーコンサートがありました。


うちの息子がお世話になっている、子育て支援のサークルの方々との世間話から始まって、あれよあれよという間にこんな大きなイベントになってしまいました。

ここの所ずっと感じているのが、「自分一人の非力さ」です。
全然ネガティブな意味じゃないよ。むしろ、気持ちが軽くなってる気がする。

同時に「意志の力」ってものに眉唾になってきている。実は、そんな強靭なタフネスは必要ないんじゃないか、って。

もし、「意志の力」って言葉が使われるとしたら、それは「うきうきする未来を想像し続ける」とかそういう方向のもので、辛いのを堪えて何かをする、というものではないはず。

たとえばアスリートが血の出るようなトレーニングを続けるのは、その先に「うきうきするもの」「ワクワクするもの」があるからでしょ?
研究者が眠たいの堪えて勉強するのは、知りたくてしょうがないからでしょ?その先に「うきうきする自分」が見えるからでしょ?

ウキウキの無い厳しさを自分に課したところで、パフォーマンス悪くなる&後味悪くなる、故にその厳しさは無意味、という暫定決議がなされました。

書いてる内容が支離滅裂だって?だから成り行きだよ!

2012/03/05 Mon. 11:47 [edit]

Category: 真面目な俺萌え

TB: 0  /  CM: 0

top △


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。